当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

【初めてシリーズ】蜂の駆除を業者に依頼!

4 min 77 views
eric-ward-qFAEHxevxVE-unsplash

実家の空き家に関する記事です。覚書シリーズです。

継承した(と言っても私しか縁者もいないので)実家ですが、ある県の田舎にあり、現在住んでいるところからは遠いし不便(まあ田舎ってそんなもんですよね)なんですね。

頼れる存在が皆無な場合は、自分で何とかするしかないので、「【覚書】初めてシリーズ・実家編」はそういう状況で私が実際やったことを忘れないように書き留めているものになります。

実家の空き家に蜂の巣発生!!どうしよう!

ある日、そもそもですが裏庭がとてつもなく雑草が生い茂ってしまい、まず雑草(草刈り)除去作業を業者に依頼することになったときのこと。

何せ初めての事だし、地元で頼れる人もいないし、、、自分が行って作業するには遠い・時間と経費がかかる・足もなし(刈った後の雑草を捨てる事も出来ない)、、、という状況。

その時の詳細はこちらの記事に→「草刈り作業を依頼!」

どこに依頼する?まずは業者から

ということでまずは「保健所」と聞いていたのですが、とりあえず地元の市役所に聞いてみました。

回答は「保健所ではない」。で、市内や近隣の市から業者を教えてもらい(今回は同市内の1ケ所、車で30分ほどの大き目市内の1ケ所の計2カ所をゲット)そこでダメならと、最後の手段として県主催の「害虫駆除協議会」を教えてもらいました。

が、実はその前に自力で数カ所(ネットから)蜂駆除業者を探していて、見積もりだけでもとちょっと連絡していた事もあり、それも併せて記録として残しておきます。

ネットで調べた情報からわかったこと

facebookやTwitterやLINE、WEBでまずは検索。「蜂の駆除」といったキーワードで結構見つかります。

初めてのチャレンジだったのですが、色々見ているうちにどうやらわかってきたことは

  1. 見積もりが無料か有料か
  2. 現地調査に立ち合いが必要か否か
  3. 蜂の種類がわからないと値段が見積れない
  4. 巣があるのかないのか

ということがわかってきました。

とりあえずネットの業者の売りとしては、

  1. 全国対応
  2. 電話一本でその日のうちにかけつける(15分~30分など)
  3. 見積もりは無料
  4. 他社で断られたような場所にある巣の撤去も可能

などという特殊条件でも可能なものなど、種類はありました。

最初はとにかく焦っていたけれど、調べていくうちどうやら予算的にもそれほどかからない事が見えてきて

落ち着くことが出来ました。

業者に実際に連絡してわかったこと

ネットで見つけた専門業者

まず最初に連絡したのは、ネットで見つけた蜂の駆除専門業者でした。

まず対応している地域であることを確認し、TELすると個人の携帯に繋がり、ちょっとお話してみました。

対応は良い感じ。

でも、見積もりが8000円でした。(確かに見積もり無料とは記載がなかった、、、)

ここの売りは「見積もり無料」ではなく、「全国どこでも最短かけつけ」でした。。

(多分15分から30分くらいで近場に居る作業員が当日駆け付け、見積もり出して即作業可能という感じ)

とりあえず見積もりだけで8000円かかること、蜂の種類で値段が変わる事、見積もりを取らないと撤去駆除費用がいくらかかるかもわからないので、ひとまずここは止めにしました。

市役所に電話して紹介された業者

次に、市役所に電話して事情を話し、とりあえず市内の業者と近隣市の業者を紹介されたので、まず市内の業者に連絡してみました。

この業者さんもすっごいいい人で、対応も神。

まず見積もりは無料なので、とりあえず現地調査してくれるということで、さらに現地に立ち合いも不要。

恐る恐るいくらくらいになるのかも聞いてみた。

「蜂の種類によりますが、だいたい1万円」と聞いた時はぬぬぬっと唾飲み込みましたが、もしかするとあしながバチだったかも、と思い出して言ってみると「あしながバチなら駆除も簡単なので、半額で出来ますよ」とのお言葉が!

さっそく現地調査を依頼しました。

蜂の種類で値段も変わる。最安値あしながバチなら半額でOK!

いよいよ現地調査

さあ、いよいよ現地調査に入ります。

フットワーク軽い人で、すぐに対応してくれました。

「今日はもう無理ですが明日には」と、むしろ「いやいやご無理なさらずご都合の良い時で結構です」と言いたいくらいの早さでした。

そんな素敵対応で、かなり大船に乗った気分になり気持ちも楽になっていたものの、それでもちょっと不安はありました。

前段階で、「もしかしたら蜂が巣を作っていないかもしれないし(地面に近いところに巣を作っている場合もある)現地を見てみないと、どこから来ているのか、たまたま花に群がっていただけなのかもわからない」とのことだったので、実際にはどうなのか(巣の撤去となるといくらかかるかわからないし)結果が出るまでは落ち着かなかったですね。。

目撃した場所付近にはいないし巣もない

まず第一報がすぐにもたらされました。

現地調査現場からご連絡があり、「目撃された場所にいますが、見当たらないですね。」と。「巣もここにはなさそうです」と聞いて、ではどこにあるのか?それともないのか??とぬか喜びしつつ

「とりあえず周辺を確認してみます」とのことで、引き続き調査をお願いし連絡を待ちます。

敷地内の別の建物の方に巣を作っていた!

すぐに第二報が来ました。

同じ敷地内の別建物の方に、どうやら巣があるとのことでした。

しかも、、、天井の方に、、とのことで、巣を撤去するには壁を壊してはがすことになると聞いて顔面蒼白。

大体壁壊すとか無理!!そんな大事になるとは、、、

途方に暮れていると、業者の方から提案があり、壁を壊すとかは難しいので(当然)

巣を撤去するのは無理だけど、巣の中に殺虫剤を注入して中に居る蜂を始末することは可能ですよ、と。

とりあえず今居る蜂の駆除だけなら出来る!

この際それでよい(それしかない)!ということで即依頼することになりました。

費用は予想外に安価

覚悟して値段を聞いてみたら、「巣の撤去でもなく、薬剤を注入ということで、蜂の種類もあしながバチだったので5000円で出来ます」とのことでした!

これは本当に嬉しい!

蜂の巣は撤去出来ない場所であっても、巣の中に薬剤を注入することが出来れば蜂の駆除が可能

そして、駆除実行

とうとう駆除の日を決めて、実行してもらうことになりました。

こちらとしては、秋口までに駆除してもらえればいいので、業者の都合で全然問題ないですが

これも業者さんはとても誠実で、早めに駆除を考えてくれました。

結局一度も対面せずに駆除完了。

電話で依頼し、その後連絡が取りやすいようにとLINEの連絡先を交換させてもらい、以後LINEで実施日を調整し、連絡を取っていました。
仕事をしつつ依頼していたので、これはとても便利でした。
駆除の日は、思っていたよりも早く、真夏でしたがすぐにやってもらえました。
(暑い中、お疲れさまでした!感謝です☺)
連絡は依頼から実行、支払い完了まで電話とLINEで済み、一度も現地に顔合わせに行ったり等はありませんでした。

作業完了(蜂の駆除完了)の連絡と支払い

「蜂の駆除実施しました」とご連絡いただき、見積もり通り5000円の代金を振り込む方法を聞き、口座に送金。
これですべての駆除が完了しました!
迅速、丁寧、安心に完了しました。

その後、庭の草刈りを依頼しましたが、シルバー人材センターの方にも「蜂は居なかったです」と確認してもらいました。

その後・・・蜂の巣再び!

蜂がキレイに駆除されて安心したのもつかの間・・・
まだ暑い残暑厳しいさなかに用事で実家に行くと、きれいになった庭を確認して世論でいたのもつかの間。。
なんとまたもや「ちょっと!蜂またいるんだけど!!」という友人の絶叫・・・

別な場所に蜂の巣が・・

ありました。今度はわかりやすいトコロに。。小さな巣まで。なんということでしょう!
この意外な展開にしばし固まり地蔵化していた私でした。。。(続く)

後日談(その後の状況)

アシナガバチ再び来襲❕事件からその後の話です。台風のような強風大雨があり、その後たまたま通りかかった知人の話によると、「蜂の巣は確認できなかった・蜂の姿も見えなかった」ということでした。
これは安心してよいのだろうか・・・たまたま雨上がりとかで蜂が居なかっただけ?・・・(続く)

後日、実際に見に行きました。その日も大雨だったせいか、蜂の巣は見当たらず。蜂もいなかったです💦果たして本当に居なくなったのか?・・

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事