当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

お坊さんから聞いたちょっといい話①「蝶」は、亡くなった人が姿を借りて会いに来ている?

2 min 43 views
お寺と蝶

今日は、ちょっとしんみりな話。今でこそもう元気な私ですが、両親が亡くなった年はもう最悪なメンタルでした💦あれから早〇年・・・これは法事の時のお話です。

一周忌のお寺で見た蝶々たちのこと

蝶、って確かに不思議なイメージがあります。
モンシロチョウやアゲハチョウ、白い羽と黒い羽。羽の模様も毒々しかったり不思議な模様だったり、時には人の顔に見えるとか見えないとか。。
オカルトやそういう怖い話じゃないですが、「蝶は人の魂を運ぶ」というような話、古今東西で古から伝わっているんじゃないでしょうか。

実際聞いたことがありますし、小説などでも「亡くなった人」と「そこから飛びたつ蝶」が関連付けられて描写されていたり、その様を見た人が「ああ、会いに来てくれたんだね」「ああ、亡くなったんだ」と気づく描写があったりします。
こういう表現にも出てくるくらい、「蝶」と「霊魂」との繋がり、連想、といったものが浸透してるんだなあと改めて思います。

だからでしょうかね。私はこの話を聞いた時、すごく納得してしまったんです。

それまで、その辺に蝶が飛んでてもあまり気にしたこともないし、特に何も考えたこともなかったですが
両親が亡くなった後―あれは一周忌で、一人でお寺に法事を行うために行った時のことです。
呼べる親戚もいないし、親しい身内もいない私は、両親の一周忌も当然一人で行ったんですが、葬式の時に散々な目にあったことがトラウマとなっていたので、むしろ清々しく気持ちも晴れやかでした。

「故人のことを何とも思っていない人に法事に出られたくない。だったら一人で弔いたい」

そういう気持ちで臨んだ一周忌は、しんみりと、でも穏やかに過ぎ、予定より早く終わりました。
(法事は一人一人参列者がお焼香したりするので、人が多ければ多いほど時間もかかるんです)

そして、一周忌のお卒塔婆を持ってお墓へ行き、墓前で読経。
これで一周忌は終了となり、御礼を述べて帰ろうとしていたときでした。

お寺の中庭に、ヒガンバナか曼殊沙華のような花が植えてあるんですが、そこに2羽、
大きな羽を持つ綺麗な蝶々がひらひら飛んできました。
ひらひらと飛んできて、見たことないような大きい立派な蝶に目を引かれて、「へえ、珍しい蝶」と
目をやった私の周りに、まるで視線があったから、とでもいうように
私の周りにひらひら飛んできて、くるくるひらひら、私の周りから離れず飛び回っていました。
蝶に懐かれたのも初めてでしたが、いつまでも周りにいるので、私は何か蜜の匂いでもするのかと思ったくらいでした。

「え、蝶って人に慣れるの?」とおかしくなり、しばらく蝶と遊んでいると
住職が近寄ってきて、

「珍しい。こんなことは滅多にないことだよ。こんな大きな蝶が二羽も、しかもこんなに人の周りに飛ぶなんてね。私も初めて見たよ」
ととっても驚いて、
「ああ、きっとこれはあんたのお父さんとお母さんじゃないかな。一周忌で戻って来たんだね。
きっと二人とも喜んでるんだよ、良かったねえ」
と、懐かし気に蝶を見やり、頷いて、しみじみ言っていました。

その頃の私は、自分の後悔も山ほどあって、幽霊でもいいから見たい、夢でもいいから話がしたいと
思っていたので、住職の言葉にとっても癒され、嬉しかったです。

嬉しすぎて、写真を撮るのも忘れて、ただただ、蝶の姿を目に焼き付けておこう、と。

そうしてるうち、蝶も満足したのか?(笑)だいぶ側でひらひらした後、また飛んでいきました。
あまり見たことが無いような蝶で、住職も珍しがっていたので、やっぱり写真撮っとけばよかったな(^^;

それから、自宅の前の道路や、通勤時の道でも、モンシロチョウがふっと現れては、私にくっついてくることが多くなりました。
まあ、すぐに離れて行っちゃいますけどw
(蝶に対して意識することが多くなったからかもしれませんね)

そんなとき「あっ蝶々!!誰かな~??元気かな??」なんてちょっと嬉しくなって、周りに誰もいないのを確認して(笑)こっそり話しかけたりしたりします(^^;
(怪しいけど怪しくないですよ!)
そういう日はちょっと嬉しい気持ちになるのでした。

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事