当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

久しぶりに大雪が降った日に思い出したこと。

1 min 37 views
雪の日

近年まれにみるくらいの大雪が、関東近県に(全国的に?)降った。。

今年は冷えるな、、、、と思っていたら、雪が降るとは。
まさかの展開。

時は、コロナ渦。
時代はテレワークだ。

もちろん、出社している人もいるし、私の周りでも2分化されている。
私はテレワークで心底助かっているうちの一人。

日に日に寒くなってくる今年の冬。まだ一月なのに。。。
確か2月が寒さのピークじゃなかったっけ?とひやひやしている。。

そうこうしていたら、とうとう雪が降りだした。
どうりで、家の中でも厚着して靴下も厚手を履いていないと
手先足先の感覚がなくなってくるはずだ。。。
(うちは今時珍しい古い木造アパートなので隙間風が吹くし、何しろ寒い!)
エアコンなんかないので、ストーブで頑張っている。

でも、この暖かさがありがたい。

友達の家の猫は、冬になると寄ってくるらしいが、その話を聞くとうらやましくてたまらない。

こんな寒い日は、人肌恋しくなるし、ペットが欲しくなる。

うちにいた、愛犬のぬくもりを思い出す。

そういえば、ちょっとでも犬猫の手触りを感じたくて
部屋着もそういう素材のものを買ってしまった。

こんな寒くて、一人で居る日は
昔食べた鍋や煮物が無性に懐かしくて食べたくなる。
幻臭?すらしてくるくらい、食べたくなる。

こたつを囲んで、ストーブとホットカーペットでぬくぬくあったまって
雪が降る音を聞きながら、のんきにテレビをつけて、
犬や猫のぬくもりに囲まれて、
今は無き懐かしい人たち-父や母や祖母と
皆でがやがや、鍋や煮物をつつきたい。

脳裏に浮かぶ、懐かしい実家。

でも、現実は。
例え今戻っても、あの家には何もない。
暗くて寒くて冷たくて、誰もいない空間。

それが現実なんだから、しかたない。

でも、こうやって思い出すことができるんだから。

あの日々は本当だし、いつでも思い出せるんだから。

いつか、別などこかで

同じようにあたたかくて、やさしくて、明るい空間で
懐かしい鍋や煮物をつつきながら、犬や猫のぬくもりを感じて、
まったりする寒い冬を過ごしたい。

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事