当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

歯医者恐怖症の私のインプラント(抜歯と手術)体験

4 min 37 views
インプラント

歯には絶対の自信があったのに、気が付けばボロボロになっていた私。挙句に歯医者恐怖症にまでなってしまった。そんな私の歯医者探しの旅からの、抜歯とその後に至るまでの体験記です。
歯ってお金かかるのね。。。。としみじみ実感。芸能人は歯が命、一般人も歯は大切!

元々は丈夫な健康な歯の持ち主だった私が、何故。。

私は、歯だけは昔から健康優良児でした。
歯磨きもしっかりしてたし、虫歯で苦しんだこともないし、歯自体健康で、強い、丈夫、良い歯だねと
健診でも言われるくらいでした。
歯だけは何の問題もなくお金もかからない、そんなはずでした。

それが、ある時を境に。。。歯医者常連の人生を歩むことになりました。
とはいえ、まだ初期の頃は常連ではなく、年に数回ほど、親の行きつけの歯医者でなんとなくメンテナンスをしてもらう程度でした。
そもそもそのきっかけというのは、珍しく虫歯になって歯医者に行き、けっこう削られて根っこの処理をしたのか、神経抜いたかなんかしたんだと思いますが、それすら覚えてないくらい前の話でした。
多分人生で初めて歯医者に行って、それ以来一度も通ってもいなくて、すっかり忘れていました。


インプラントと入れ歯とブリッジ、どうしてインプラントにしたか

歯をもう残しておくことは出来ず、嫌だけど抜くしかなくなり、お金をかけたくないから絶対インプラントにはしない!あんな工事みたいな手術するインプラントなんて怖すぎて無理!!!
そう思っていたのに、、、、絶対嫌だったのに。。。。
人生そうは甘くない。避けて通れぬこともある。。

可能な限り自前の歯を残したい!・・抜歯は最後の手段

そもそも歯医者で治療するのも苦手で年々歯医者恐怖症になっていたのに、口の中の外科の大手術の見本みたいなインプラントだけは、絶対しないと思っていました。
インプラントのイメージは「高い、怖い、痛い」・・・
顎の骨にドリルで穴開けるとか、もう考えただけで気が遠くなりました。

なので、それを避けようと、なんとか自分の歯を残そうと、色々歯医者さんを探しまくりました。
とはいえ、治療しなければならないので、歯医者恐怖症でも大丈夫そうな「無痛治療」「痛みが少ない」治療でなるべく歯を残す方針で、「名医と呼ばれる歯医者、歯科医院」の中にも入り、自費診療ではなく保険が効いて治療してくれる、そいういうところを。。

歯医者ジプシーを続けているうちに、わかってきたこと

満点の歯医者さんがすぐ見つかったか?といえば世の中そんなウマイ話がそうそう転がっているわけもなく、1年以上も歯科ジプシーを続けてしまいました。
近所にあれば通いやすいですが、当時の私にはもう行けるとこならどこでも行く、とにかく私の希望にあう、私にあったところが見つかれば!と思っていたので、会社でも事あるごとに聞きまくり、整骨院や美容院や、スーパーの店員、とにかく話をした人には必ず聞いていました。
もちろん、WEBでも口コミや評判、facebookの投稿からも探しました。

ある時は知り合いの友人がやっていて名医というので片道2時間近くかけていったこともあります。
結果はとにかく歯医者と合わない、、自分の口の中を預ける気になれない、、信頼が出来ないと思ったので、遠い事を理由にここは止めました。実はそこで診察した後、さらに歯科恐怖症が悪化したというおまけつき。
ただ、そこでの診察結果は、インプラント以外、ブリッジでいいだろうという事でした。

もう一つ紹介されていった歯医者さんは、かなり有名なところでしたが先生も歯科助手さんも優しくて、丁寧で、さすが人気ある医者は違う、、、としみじみ納得したものです。
もちろん治療も実際受けている知人からどういう感じか聞いていたので安心でき、これなら歯科恐怖症の私でもいける!と、さっそく治療を始めるべく、予約を取って、一安心、、、したところ・・・
予約した日の前日に連絡があり、先生が急病のためキャンセルとなり。。当分復帰がないということで、医院も別の先生が来ることになってしまいました。。。

そして、また振り出しに戻ったのでした・・

次に行ったところは、有名ではなかったけれど歯科助手さんの友人の歯医者とのことで、おしゃれな街でこじんまりした歯科医院(というよりサロンみたいな、、)でした。
ここでしばらく検査やクリーニングなどを続けていたんですが、治療計画をだしてもらったところちょっと、、かなり高額になってしまい、ここではインプラント一択と言われたこともあり、また手術時間が長く、、(トータル3時間くらい)
悩みに悩みました。
諦めきれずに、ありとあらゆる手段でなんとかできないか、と探すことにしたんです。
「もっと短時間で手術できないものか」「痛く無くて、早く手術も終わって、お金もなるべく安く。。。」
毎日毎日このことで悩み、一日中考えてしまうくらいでした。
歯の寿命は待ってはくれないし、最初は「抜歯するか」から始まって「抜歯以外ない」ところまで来て
「抜歯した後どうするか」でまた選択に迫られ「インプラントか、抜歯したままにしておくのか、ブリッジか、部分入れ歯か」でまたまた悩み・・・

この経緯はまた詳しく書きますが、結局インプラントしか選択肢がなかった、のです・・

インプラントは高い、は本当。でも、、

インプラントにする!と決心したものの、今度はお金と、手術への恐怖心の克服の問題がありました。
まず費用。
インプラントは高い!というのが印象ですが、やっぱり高いです。
インプラント1本の価格がウン十万します。相場は多分30-40万、ちょっと高くて50万とかでしょうか。
材質などでも値段が変動しますし、インプラント手術前に不足している部分を形成するような特殊な手術もある場合は、そこに加算されていきますので、、
手術は高いですよね。一般の外科手術だって元々高額ですが、保険が効くからまだ払えているんです。
このインプラントだって手術です。自費ですが、高額医療費控除の対象になっています。
それに、そんな大手術するんですから、あまりにも安いところだとちょっと不安というのは確かです。
腕の方も、衛生管理も、安心して任せられるところでないと、とても無理です。

私は一生無縁だと思っていたこの高い人工の「歯」、インプラントを、まさか最終的に選択肢がなくなって
することになるとは、、、

確かに私の周りが一時期インプラントしまくっていた時期に比べると、医療も技術も格段に進歩しているようで、麻酔もブスっとさすものから、先に表面麻酔をしてからの2段構えになったり
笑気ガスや鎮静剤しながらの(歯科恐怖症の人にはありがたいです。高いけど)方法も身近になってきました。

このビビりの私が耐えられたので、きっとやってしまえばそうそう怖いものでもない、のかもしれません。

私も、最初は〇時間と言われた手術も、探しまくって聞きまくって、30分から1時間もあれば全部終わると聞いて、脱力するほど安心しました。
そして、その歯医者さんで抜歯とインプラント手術を受けることになったんです。
ちなみに費用もデンタルローン組めたので、分割して払っています。

歯科恐怖症との闘い

歯科恐怖症の私。自分の口の中(顎)の骨をドリルで削って歯茎を切開して、、、なんて死ぬほど恐怖で、想像しただけで全身に鳥肌が立つわ、くらくらするわ。。。出来れば絶対に絶対に避けたいと思っていました。
痛い思いをして高額!なんて意味不明ですよね。

「インプラント以外で何とかなるだろう」と気楽に考えていたものの、とうとうその日はやってきました。

「もうこれは抜くしかない」と死刑の宣告みたいな歯医者のお言葉に、ガーーーんと大ショックを受け、、、
そうして抜歯の日がとうとうやってきてしまい、選択を迫られたのでした。


gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事