当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

【悩み事】辛い、苦しい、でも考えても何も変わらない。究極に悩んだ時人はどうするか

2 min 36 views
悩み事

誰でも多かれ少なかれ、悩みを抱えて生きていると思います。人それぞれ大小強弱あるでしょうけど、生きている限り、状況は違えども存在する悩み。人であるが故の産物でしょうかね(;^_^A
世の中に沢山ある悩み事を解消するサイトや手法や業種、ブログ。検索すれば山ほど出てきます。
私もつい、悩むと検索しまくって、とにかく読み漁る日々でした。

「悩み事」を解決するのは自分しかいない。誰も代わりにやってはくれないのが現実。解決するために動けるように、きっかけをつかむ。

大きな悩みや問題にぶちあたると、まず動きは止まってしまいますよね。思考も止まるし、息も止まりそうになる(笑)→あながち冗談ではないですね。ほんとに呼吸するのも忘れるくらいショック受けます。

最初はとにかく、落ち着かないし心が揺れるし(動揺って言葉はまさにその通りですよね。揺れ動く心。その通り)何も手につかないというか。。。心ここにあらずで、よっぽど注意しないとミス多発を引き起こします。

私は、とうてい自分の力で乗り切れそうにない大きな問題が起きた時、そのほとんどが仕事中というか
普通に働いていますので、頭(思考)は止まっていても、否応なく仕事が来るので、とにかく集中して仕事を片付けていました。ふっと気を抜くと問題事悩み事に頭を乗っ取られてしまうので、手も止まるし仕事がおろそかになってしまうんですよね。
そういう時に限ってめちゃくちゃ忙しくて、一瞬たりとも休んで居られないような業務多忙中だったので
逆に悩む時間が少なくて良かったかもしれません。
朝から晩まで休む間もなく次々仕事をこなして、ふっと気が遠くなりかけるとミスをするので、自分を信じずチェックはいつもより入念に時間をかけてやっていましたが、それでもチェック自体が進まなかったり、心が乱れるというのはまさにこういう事なんだなと、つくづく思いました。

こういうときは、まず気持ちを入れ替えないといけません。
私がやったことは、別にカウンセリング受けに行ったり占いに頼ったりとかではないです。
そんな時間もなかったし、お金もなかったので(笑)
そしてやっぱり、どこかそういうものに対する不信もあったので、そんなものにこの悩みが消せるわけないと否定していましたしね。
(世の中にはたくさん、そういう悩み事解消をうたう商売もありますが、それで解消できるならまじで御の字です。すごいと思います)

そんなものに頼るくらいならと、まず自己暗示よろしく「言霊」を自己流で使ってみたり、とにかく鏡に向かって自分に言い聞かせたり、自分自身に問いかけ言い聞かせ、「絶対大丈夫だ、よし!」という感じで自分に対してはっぱをかけたんです。こうでもしないと、どんどん気力は落ちるし気持ちで負けてしまいますからね、どっかで流れ出ていく生命力や気力やる気を止めなければならないです。
そしてそれは、自分でやるしかないんですよね。人がやってくれても多分納得しなきゃ意味ないし。
自分が納得してやること、それが一番効果がある「元気づけ」だと思います。

とにかくやる気を出して、それから行動です。
調べて調べて調べまくって、その問題に対する知識を得ましょう。対抗するために。情報を得て、そこから糸口が見えてきます。どんなことでも、どんな悩みでも、ずっと悩んでいるだけでは何も解決しないし変わらないですが。
解決しようという気持ちと、探しているという行動が、次の行動を呼ぶというか縁を呼ぶというか。
とにかく、見えてくると思います。
これは私の経験、体験から言える事ですが、どんな時でもそうでした。これからもきっとそうであると思います。
だから、何が起きても絶対に絶望だけはしないで(してる暇があれば行動起こしましょう、もったいないから)
絶対にはいつくばっても、石にかじりついても、絶体絶命とか思っても、気持ちだけは上向きで大丈夫だと思う。まずはそこから気力を振り絞って、立ち上がる事。それができれば、次へ進めると思います。

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事