当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

【楽して美味しい炊き込みご飯】超楽♪ひじきご飯の作り方!炊飯器とマツタケお吸い物で炊いてみた!

2 min 47 views
ひじきの炊き込みご飯

自他ともに認める面倒くさがり屋の私は、料理も手抜き超楽カンタンなものを良く見つけています。
でも以外に美味しいんですよね~。
私の味方レンジ様と炊飯器様のお力をお借りして、日夜新しいレシピを編み出す努力をしております。

超簡単にできる炊き込みご飯が食べたい!時間がないからすぐ食べたい!そんな時に身近にたまたまあったものでチャレンジ

今日は、みんな大好き炊き込みご飯の話をします♪
私も大好きな炊き込みご飯ですが、特にお気に入りは最近ハマっている小豆ご飯(炊き込みの仲間かと言われたら悩ましい)ですが、そのほかにも海藻類が大好きなので、おもむろにひじきのご飯とかわかめご飯なんかも無性に食べたくてたまらなくなります。
塩味が聞いたご飯て、夏の疲れた時にも体にしみわたるんですよね~(^^)

で、この夏は、昔よく食べた「わかめご飯」にも偶然チャレンジしてみました。
お味噌汁の素というか具としてわかめを袋で買ったんですが、それを炊き込みにしたらどうかと思って適当にご飯を炊く時に混ぜて見たんです。そしたらドンピシャ!大当たりでした。
水加減を少なめにして大正解。
良い感じで米もくっつかず、炊きあがりました!塩味も効いてました~💛
これにはまって何回か作りましたが、これはハマりますね。

そしてつい最近、わかめもなくなって小豆ご飯を作るには時間もなく、短時間ですぐ用意できてすぐ炊いたら食べられる炊き込みご飯を探していて気が付いたのは・・・

目の前にあった、安売りでとりあえず買い置きしていた永谷園のお吸い物(マツタケ風味)。
裏面を見ると、和風スパゲッティとかキノコ類で炊き込むご飯の作り方とか書いてありました。
でも、具として一緒に炊くべきものがない。。。キノコとかしめじとか。シイタケがあればよかったのにそれもない。。。。

買いに行くのも面倒。
出た天下の面倒くさがり。

今手元にあるものを見て思いついたのが、大好きなひじき。
そう、たまたま前の日に釜炊きひじきのパック売りのものを購入していたんです。
これは乾燥したものではないので、すでに茹でられた味の付いていないもので、サラダにいれたり
みそ汁の具にしたりして食べる用のもの。
そうだ、ひじきだ!
これはもうひじきとともに炊くしかない!ということで、実行です。

永谷園のマツタケお吸い物とひじきで作る「ひじきご飯」が最高に美味しかった!

まずご飯は3合、ここに水を3合分入れ、ひじきをそのまま(味付けせず)入れます。
そのあと、永谷園のお吸い物の素(マツタケ風味)を2袋入れます。
かき混ぜます。
かなりひじきが多い、、、、この時米を増やすか悩んだくらいひじきだらけでした。
(が、炊いてみるとそうでもなかったので案外そういうものなのかも)

その他にも、醤油や塩をたらそうかどうしようかと悩みつつ…本当はみりんとかあればよかったんですが、うちには油もみりんも無いので、ないモノは仕方ない。
お吸い物の素の上品な味付けだけで勝負だ!とばかりに炊き込みます。
そして待つこと1時間弱。
出来上がり直前には、ひじきの良いニオイがしてきました♪

暫く放置して蒸らし時間をたっぷりとり、少しかき混ぜますと、ひじきの多さもさほどではなく
(いや、多いけど💦私的には大満足)
食べる時にはちょっと塩を振り醤油を一たらしして、残っていた海苔を少し散らしてみました。

おーいーしーい!!!美味です♪
マツタケのお吸い物の味は前面には出て来なくて、むしろ隠し味的に良い感じに全体を包んでいる感じでした。
美味しすぎる。これだけでおかずなしで食べられる・・・・・そしてひじきたっぷりで、ものすごく大満足!となりました。

これはもう、今後うちではリピート確定ですね。
今度は乾燥ひじきからやってみようかな・・・

私の手抜きカンタン楽ちんレシピの旅は続く・・・




gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事