当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

親名義の車を処分したい。売るか、廃車か、それとも?

4 min 31 views
廃車手続き

親御さん名義の車を乗っていて、もしくは親が亡くなった後処分したい、というケースでお困りの方。実際自分がその状況にならないと必要性も感じないことですが、、専門家に一切合切お任せするパターンもあるみたいですが、私はお金の問題で(笑)親の死後地道に一個ずつ片付けていく方を選んだので、今回は車のお話です。

まだ親御さんが生きているうちは問題ないかもしれないですが、亡くなってしまった後、名義変更は必須になりますよね。税金だけ払ってると忘れがちですが、車検も親の名義で出すことになってしまいますし。
もちろん、名変してそのまま乗るか、売るか、廃車にするかによっても、手続きの面倒さなども変わってくると思います。

売るか、廃車か、継続して乗るか?

特に問題なくそのまま引き継いで乗る場合は名義変更さえしておけばまずは安心だと思いますが、
不要だから売ったり、売れる状態でないほど古いと処分(廃車)にするしかないと思います。
売るにしても廃車にしても、業者をさがさないといけないですよね。
業者を探すにしても、安心してお任せできるところでないと、、、後々困る事にもなりかねません。
昨今は、鉄くずがお金になる時代なので、駐車場に置いておくだけでもあまりにも古い車だと、もう乗らないのかと思われて「鉄くず買い取り業者」なるものから勝手に貼り紙貼られていたり、売りませんか?と声をかけられたりします(これは一般的ではないかもしれないですが、うちは経験あります)。
怪しい業者に売って、不正に利用されるのも嫌なので、しっかり安心できる業者はやはりツテを頼って探しました。
一度相談させていただいた(親が連帯保証人になっていた件で)弁護士さんからご紹介いただいた司法書士さんの、そのまた紹介で、今回の業者を紹介いただくことになったんです。(わらしべ長者みたいですよね)
※ちょっとうちからは遠い場所の業者だったのでそれだけが難点でした💦

車自体は、古すぎて乗り継ぐのももう限界で。車検が切れる前に処分するなりして手放したかったのと
車が無いと生活できないので次の中古車を譲り受ける予約が既に出来ていたので、余計な車を置いておく場所が無いことが理由でした。
値段が付かないと思っていたので廃車一択かと思っていたんですが、一応査定してくれることになりました。

普通車か軽自動車か、それが運命の分かれ道

処分するにしても売るにしても、キモのところはこれです。
あ、これはあくまで「手間」の話ですね。
値段は車種や状態によっても全然変わってくるのでケースバイケースになるでしょう。

手続きが面倒かどうか、という点では、軽自動車は最強に簡単です。

普通自動車か、軽自動車かによって、面倒くささがだいぶかわります。
うちの場合は軽自動車だったのでとても楽でした。

以前、実家の車を処分した時に、実は痛い目を見ました。。
その頃信頼していた人に、車関係の業者を紹介されて、一任したんですが、一度も顔合わせも連絡も直接しないままで(直接連絡したいと言ったがはぐらかされたまま)その人を通じてしか連絡が取れないまま、書類の一枚も契約書のような証拠もなく、「〇円で売れたので振り込みました」という連絡だけあって、以後一切連絡が取れず。どうも、私が知らない間に手数料をいくらか抜かれていたようです(その信頼していた人に半分くらい持っていかれた)。。やたら少ないのでびっくりしたら、そういうことでした。

でも実家まで車を取りに行ってくれたり、何も書類の提出などもせず(軽自動車だったので)だったので、、、楽ではありましたから、楽した分でしょうか。。
実際いくらでうれたかの確認資料も提示されず、その知り合いを通してすべて完結したってことです。
後から考えたら他のちゃんとした業者に売った方が良かったと思いました・・
結局そのことが原因で今はもう一切連絡取っていませんが・・

そんなことがあったので、今回の件では、身元もしっかりしているしお店のサイトもあるし、直接連絡を取れるし、書類などもきちんとしているのでとても安心できました。

普通自動車の場合、名義変更がされていないまま故人の名義のままで処分を行う場合は、
・除籍の謄本(亡くなった方と代表者様の方の繋がりが証明できる書類)
・代表者印鑑証明証
・代表者の印鑑
・委任状
・譲渡証明証
・遺産分割協議成立申立書
が必要になります。

が、軽自動車の場合は至極簡単です!

まず査定してもらい、売れる場合は譲渡証明書と委任状を出すくらいです。
ちなみに写真は、
前後左右、天井、内装はシート、メーター、ナビ、走行距離、などの写真を撮っておくと良いです。あと車検証の写真ですね。

査定の結果、売れるか、引き上げだけか。その費用は?

査定はすぐ結果が出て、まあ中古でもう何年も前に購入したものなのでゼロ円。
はい、「査定の結果、買取できません。。。値段つきません」という結果になりました(笑)
まあ、それは想定内でした。

ということで、引き取り(廃車・処分)してもらうための、「引き上げ」してもらうことになりました。

この引き上げには、
・リサイクル券(車検証と一緒にもらえるもので、これがあれば車両自体の解体費用は不要)
・家(車検証の住所)に業者に引き取りに来てもらう場合の費用・1万円
・引き上げの際、書類の確認(業者が持参)し押印
というものが必要ですが、これだけしか必要ありませんので、かなり楽ですね。

廃車買い取り業者には気を付けるべし

ということで、うちの場合は安心安全に取引でしましたが、ネットでいろいろ調べると出てくる業者さんは沢山いますよね。
費用品買取、廃車買い取り、事故車買取・・諸々。
引き取り手数料無料のところとか、どんな車でも買い取りますとか。
正直私も心が揺れました(ちょっとでもお金になればと。。)
でも、美味しい話は裏がある。
こういう話にも、裏がある。危険なこともあるので、十分気を付けて、調べてからにしてくださいね。

引き上げの際、車検証の住所に車があるかないか確認しておくこと

これはつい忘れがちな話ですが、注意事項です。
例えば親名義の車をそのまま乗っている場合、親と住所が一緒なら問題ないと思います。
車検証の住所にそのままその車があるということなので。
ですが、もしその車を別な場所で使っている場合。名義変更するつもりでそのままだった、、、という場合、発生しますね。もしくは実家の親が亡くなって、家も誰も住んでいないので車を引き取りに行くのも困るので(売るにしろ廃車にしろ)とりあえず持ってこよう、ということでいったん自分の手元に持ってきている場合。
これは車検証の住所ではない場所になるので、そこで手続きをして廃車にするから取りに来て~となった場合
「じゃ、車検証の住所に取りに行きますね」となると思うんです。
ここでちゃんと気づいて、「すみません。いま車は私の手元にあるので、実家じゃなくてこちらに、、、」と
今の住所を伝えれば問題なく取りに来てもらえますが、、
車検証の住所=自分の家(決まってるじゃん、とばかりに思い込んでいる場合もあるので)だと勘違いして
待てど暮らせど業者が来ない。。。「到着しました!」と連絡が来ても一向に姿が見えない。。
よく聞いたら住所が、、!
という大惨事も、ありますのでお気を付けください💦
(その場合でも余計なお金は取られないと思いますが)

廃車手続きと引き取りをお願いした時、実際にかかった時間

ということで、うちの場合は引き上げの日時も指定できたし、とても感じの良い方で良かったんですが
車体引き取り時の確認も、ほんの5分程度で終わりました。
車内確認とエンジンかかるかとか見て、車内に貴重品とか置いてないですか?という確認後
引き取りの書類に印鑑押印。お金を渡して領収書ももらって、おしまい。
とっても簡単でした。

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事