当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

明日が怖い?人生が見えない時ってどうしますか

2 min 75 views
怖い時

明日が一生来なければいいのに!とか、早く10年後の明日になればいいとか、思ったことってありますか?ないですか?
もし一度もこんなことを思ったことが無いとしたら、あなたはきっと毎日を楽しく幸せに過ごしているんじゃないかなあと思います。

そう、大概そんな風に思うってことは、苦しい事があって、もう早く今が過ぎ去ればいいとか、もしくはもう明日にならないでほしいとか、明日来る恐怖の出来事を想像してどうにも耐えられないような気持ちになっている時だと思うんです。

私も、これまで生きてきて、何度そんなことを思ったことか。

それは他人から見えれば、日常のささいなことだったり、他人から見ても大事件が起きた時だっちり。、、、

他人から見ればいかに些細な出来事に見えても、本人からしたらそれは些細でもなんでもないのですが。
「明日が来るのが怖い」というほどの恐れをいだくほど、の何かが起きる、ってことなので。

それは、日常の至る時に起きます。
ある時は職場で、些細なミスから発展した大きなミスに取り上げられてしまった出来事を公開処刑よろしく引きずり出されて、よってたかって責め苦を味わう羽目になるのがわかっているときとか。

またあるいは、借金の問題かもしれません。締め切りが明日までとか。でも全然お金用意出来てないのに、、、、とか。
それとも、通院していて検査結果を聞きに行きたくないとか。

ある時は、どーしても会いたくない人なのに、その日に限ってどうしても明日会わなければならなくて、会えば絶対に苦しい立場になるとわかっているときとか。

またある時は、大切な人との別れが、避けられないことがわかっている時、それを目前にして、とうとうその日が来た時とか。

まあでも、人との別れでも、この世での別れはともかく、、この世とあの世に別れる時はどうしようもないですよね。

人生には、人の力ではどうにも抗えない時があるのは確かですからね。

苦しい時の神頼み、でもそれもまた正しいかもしれない

よくある「苦しい時の神頼み」。
こんな心境になった時、誰でもあるんじゃないでしょうか。
普通苦しい時、辛い時、人が起こす行動というのはまず、「誰かを頼る」だと思います。
親や兄弟や親友や、友達、または全然見知らぬ掲示板やSNSでやり取りしているだけの人かもしれません。
とにかく話を聞いてほしい、お金を出して相談するカウンセラーとか、占いとかに頼る人もいるかもしないですね。
有料か無料か、の違いはあっても、対象は人です。「人」。
それで解決する場合もあれば、全然解決にならない事もあります。
根本から解決できなければ、悩みや苦しみというのは無くなりません。
ではその根本を解消してくれるのは誰か?人なのか?自分なのか?ってなりますね。
大概の場合は、お金に絡む問題か、健康上の問題か、対人関係の問題で人は悩むと思います。
この問題を解決してくれるのは、お金の問題ならお金があれば解決するし
人が問題なら悩みの種の人がどうにかなれば解決ですし
健康上の問題なら病気や体調が良くなるなら解決ですよね。
でも、今度はそのレベルの違いで、楽に解消するのかしないのかが決まります。
カンタンに解決する悩みならそれほど問題にはならないですからね。

あまりにも金額が大きすぎるお金の悩みとか、いますぐどうこうできるような病気じゃない時とか
どうにもならない他人の気持ちや行動を思い悩むなんて時は
お手上げ状態です。

自分じゃどうにもならないし、他人がどうにかしてくれるわけでもない。
悩んだところで悩みは消えない。でも明日は確実に来る(笑)

もう、そうなったら神頼みしか残ってないです。
どこの神様というわけじゃなくて、絶体絶命の時にとっさにつぶやく「神様!」の一言。
あんな気持ちですね。

でも、あるいはこういうのもアリだと思うんです。

変なのにひっかかっちゃだめですけど、ここで言ってるのはタダですから(笑)

なんというんでしょうかね。
腹をくくれるというか。
もう、考えてもどうにもならない、なるようにしかならない、という諦めというか投げやりというか
腹を決められる、というか。
開き直れるんです、良い意味で。

そうなると、意外と気持ちも落ち着いて、しっかり進めるようになるものです。

頭の中に悩みや心配が詰まりすぎてると、働く頭も身動きが取れず
良い考えも浮かんでこないもんです。
そんなことを最近ふと、思ったりするのでした。

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

関連記事