当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

知らなかった宇宙を教えてくれた宇宙探査機と望遠鏡②【宇宙望遠鏡】が見せてくれた宇宙の神秘

2 min 41 views
宇宙望遠鏡

宇宙に抱く夢と希望を、さらに身近にしてくれた宇宙望遠鏡

宇宙大好きになった私の話は、ちょくちょく書いてきましたが、その情報や画像が何によってもたらされるのか、という実情については深く知る事も知ろうとすることもなかったんですね。実は💦

今ではちょっと調べればすぐに画像が検索でひっかかりますよね。いつでも、大画面で高画質で、
宇宙望遠鏡や宇宙探査機が撮影した本物の画像を見る事が出来ます。
良く考えたら、ものすごくありがたいことですよね。

宇宙といっても広いことこの上ないですが、今私たちの住んでいる地球上から実際に月に行くにしても火星に行くにしても、めちゃくちゃ大変な装備とお金と時間と、、、、とにかくすぐに行けたりはしませんよね。
いくら宇宙大好き!この目で見たい!といったところで、宇宙飛行士になろうとはハードル高すぎでまったく思いませんでした(笑)

そんな根性もなかったわけですが。。。そんな私でも、宇宙の画像を見てると心が和むというか、
何とも癒される(自然や景色の写真を見て癒されるようなもの?)事は確かですし
「この先に何があるのかな」という好奇心、想像力を掻き立てて元気を与えてくれるモノではあるわけです。

ようやく、太陽系の惑星に関しては探査機のお陰である程度情報も得られるようになってきましたし
わからなかった謎の部分も解明されてたりして、この先何がわかってくるかと思うだけで
そりゃもうワクワク楽しみでなりません。

でも現実的に(宇宙感覚で言えば近場の)身近な距離の太陽系内の惑星よりも
実は、はるか彼方に輝く惑星たち(もはや銀河とかそういうレベルですが)の方にこそ
そそられているんですよね。
普通に考えたら、まず生きてるうちは絶対いけない距離ですし。

NASAの発表する画像、ハッブル望遠鏡で撮影した画像です~といって公開されているのを
見たことがありませんか?
いつだったか、「宇宙ってこれなんだ」とびっくりした画像を見たんですよ。

まるで宝石箱をひっくり返したみたいに暗闇に散らばって、赤や青や黄色に光り輝く星々。
面白い形の銀河たち。
ソンブレロ銀河なんてきれいにわっかの形を描いているし、帽子と言われてみれば確かにそういう形にも見えますが、私はそれよりもっと不思議な印象を受けました。
うーん、例えていうならばちゃんと固形物みたい(でっかい宇宙船みたいな)で、、、とにかく見ていて飽きません。
アンドロメダ銀河なんかは有名ですし、実は肉眼でも見えるらしいですね。
明るすぎて昼までは肉眼で見るのは厳しいけど、夜にはうっすら確認できるレベルとか。
良く考えたら、真っ昼間に空を見上げると雲くらいしかみえないですが、実は常に(見えないだけで)そこには月も火星も金星も、天の川も存在しているんですよね。
そう考えると、とっても不思議な気持ちになりませんか?

そして、実は私たちも天の川銀河の中に存在している星の一つに住んでいるんですよ。
だから天の川全体は見えなくても、中から見た姿は確認できる。
星がきれいに見える場所にいくと、夜空に振って来そうな満点の星、銀河の形まで見え
そこには見事な天の川が、横たわっているのが見えるんです。
ものすごーく、不思議でたまらない気持ちになりますよ!

ハッブル、そしてジェームズウェッブ宇宙望遠鏡の凄さ

ハッブル望遠鏡の存在は、NASAが発表する「こんなの見つかりました!」という世紀の大発見と言われる宇宙の画像などでおなじみですが、この夢と希望を運んでくれたハッブルより強力?で高スペックの性能をもつ望遠鏡が、2021年末に打ち上げられて以来、次々とすごい画像を世に出してくれています。その名も「ジェームズ・ウェッブ」

何がスゴイって、ハッブルより全然キレイな画像が撮れるんだそうですよ。
最近だと、さらに遠くの観測史上最高に遠い銀河を観測したとか。しかも、その性能がすごいんです。
これまで他の望遠鏡が撮った同じ銀河を見比べてみると、その違いが明らかです。
鮮明というか、くっきりはっきりというか。一目でわかるほどの高性能を誇っています。

今まで、宇宙の画像ってなんとなくぼやけていたり、光でにじんで居たりとあまりきれいな鮮明度がない感じでしたが、今後このジェームズウェッブさんには超期待です!
そして、これまで見られなかった、見落とされていた惑星や銀河たちをどんどん明らかに映し出してほしいです(*^^*)

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事