当サイトの各ブログ記事にはプロモーションが含まれています

【宇宙】金星、実は地表の写真がある!

3 min 36 views
金星

知ってますか?実は、もう何十年も前に、ベネラという探査機が近世に降り立ったこと。ちゃんと証拠写真もあるってことを!

金星、名前はキレイだけど中身は地獄のような惑星。本当に?

金星って、地球と激似の惑星で、双子星って言われてるくらい共通点があるんだそうです。
でも、現状は全くと言っていいほど違いますよね。
ちょっとググればわんさか情報が出てくるから、その辺はあえて詳しく書きませんが(笑)
簡単に言えば、地球と同じ岩石型の惑星で地表(地面)があるけど、山とか緑とか自然とかいう問題じゃない程過酷な世界。
数百度の気温、灼熱の地獄のような世界だって聞いています。
金星の表面の温度は昼も夜も摂氏460度という、人間は完全に終わっちゃう温度を誇っています。。。いや別に誇ってないですが・・
それだけでも無理ゲーな世界なのに、上層の方で、ですが「スーパーローテーション」という
なんと秒速100mとかいうとんでもない恐ろしい強風が吹き荒れて、おどろおどろしい模様を作っています。
あの、地表が見えないほどの厚い雲に覆われていて、たけり狂っているようなあの模様、あれがそうなんです。。しかもこの厚い雲は硫酸の雨を降らすというおまけつき。

どんだけ地獄なんじゃ!
(でもこの硫酸の雨は、地表の温度が高すぎて地表に届く前に蒸発しちゃうらしいです、、、スゴイ)

今でこそこんな地獄の様な星ですが、実は過去は(といっても何十億年とか前)地球と似た気温の、美しい自然もある惑星だったと言われています。
まさに双子のような似た星!地球がふたつあるようなものですね。今もまだそんな星だったら、
探査機どころか移住計画がもっと進んで、いやとっくに誰か住んでるか、別な人類が誕生してたかもしれません。まさに金星人!(うちらは地球人)

空気(酸素)もあって、太陽も同じように輝いて降り注ぎ、大気があるから人間が普通に生活出来て緑もあり、大地も海も山もある。
そんなところなら、とっくに人が住んでますよね。

最初にあった大気が、何かのきっかけで吹き飛び、太陽の直射日光を受けてしまった結果
あんなになってしまった、、、としたら、地球もちょっと運が悪かったら、同じ目に遭ってたかもしれないんですよね。。。

できれば、双子星としてそのまま、地球そっくりで存在してほしかったです。。

金星探査機って聞いたことが無いけどあるのか?ありました!

金星がどれだけ地獄な星かわかったところで、さてでは探査機ってあるんでしょうか?
一応、外から見た(金星全体を映している)画像は存在するので、地表に降り立たないまでも調査をする存在はもちろんあるようです。

最近は日本の「あかつき」って探査機が出てきて、たまに金星のデータを収集して画像アップしてくれてたりします。が、もちろん内部に降り立つとかは出来ないので、その中の写真はありません。
ただ、調査は外からでもできるので、あらゆる手段、計算を使って導き出し、内部の様子を想像図として出していたりもするので、どこかで金星内部の様子を見たことがあるかもしれません。
(まあ、灼熱地獄ですが💦)

このおっそろしい惑星、でも私は火星よりも全然強い興味を持ってます。
もともと金星はビーナス、美の女神ですね。
名前からは想像できない真実(想像されているうえでは)を知った時は衝撃でした。
月や火星へは探査機が行くのになんで金星に行かないのかなとか、写真ないじゃんと不思議だったんですが、考えたら「それはいけない理由がある」ってことだったんですね。。。

ちょっと調べたら、おっそろしい世界だってことで、現在の科学を駆使しても、あの地表に降り立つことは不可能!レベルである事を知りました。
行ったとしても、あの分厚い硫酸の雲を抜けたとしても、地表熱すぎで溶けちゃうだろ!機械壊れるだろ!と言われたらそれまでです。確かに。。

が。

実は、金星の地表の写真ってあります。コラでも加工でもCGでもない、本物です。
しかも最近じゃなくてもう何十年も前。
撮ったのは旧ソ連(ロシア)の金星探査機、「ベネラ9号」。
参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ベネラ計画

実は旧ソ連は、実は今から何十年も前に金星に何度も探査機を飛ばして調査トライしてるんです。
そのうち何度かは着陸し、地表の写真も撮ってるんです。
※ベネラ9号のwikiでは、本機が金星表面の白黒テレビ映像を送信したことや、ベネラ9号が撮った画像が少し載っています。(もっと詳しく載ってるサイトもありますので、見てみてください)

これを知った時は嘘かと思いました(笑)
でも、本当です。写真もあります。
探査機「ベネラ9号」は、まるでここは地球か?と思うような写真を私たちに残してくれています。

実はもっと面白いことに、この画像をもとに検証している方のサイトを見ると
そこには、この金星表面の画像から見ると、言われているような過酷な状態ではないのでは?という見解が出ていて、興味深いです。
そうであってくれと願っちゃいますね。いつかドローンが発達しまくって、もしくは科学がもっともっと進歩して、確かな金星探査を行ってその真の姿を見せてほしいものです。
(最近では太陽に激接近して画像撮るようなこともできてるので、ますます期待✨)

gotoku

gotoku

「夜明けのブログ」管理者のgotokuです。
このブログは、私が実際に経験した事や思い出などの
記憶を記録として残しておきたいと思って始めました。

まあ、本当にいろんな事があって、真っ暗闇な一寸先は闇な日々でした( ;∀;)が、ようやく少しずつ暗闇から陽が差してきたかも?!な状態になってきて、、、そんな意味もあってブログタイトルにしました。

「明けない夜はない」これは本当にきっとそうなんだ、と思ってます!

実際にいろんなことが起きて、その時必死で調べたりしたことも今では良い思い出です(笑)
でも当時は大変でした。もし同じように困ってる人が居たら、ちょっとでも参考になればいいなと思います。
(意外と調べても出てこない事って多いんですよね・・・)

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事